飲んで帰ってイタチに絡み、 スロットで負けてはイタチに愚痴る。 そんなフェレットとの生活。
手作りフェレット用品shop 『殿屋』もよろしく♪ 


 手作りのハンモック、寝袋、ベッドなどを販売中!!その他の商品も徐々に増やしていく予定です。

   直接ショップへ→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルクちんが股関節形成不全とわかってから2週ちょい。
経過観察のレントゲン撮影にKさんへ行ってきました。

どうやら先生が思っていたよりも、骨の変形具合が早かったようで

「成長期であれば、ある程度進行が早いのは見たけれど
 3歳半でこの進行スピードは正直ちょっと意外でした。」
 とのこと。

股関節形成不全・2で書いたように、外科的処置の場合は
「大腿骨頭切除」という方法を取る場合があるのだけれど
フェレットの場合は股関節形成不全と平行して、自然と「大腿骨頭壊死」というのが起こり
切除手術をしたのと同じ状態に骨が変形する事が多いそうです。


大腿骨頭壊死は、凸の部分の大腿骨頭への血液供給が不足するため
大腿骨頭が壊死してしまうそうな・・・。
ここで一瞬「壊死が大腿骨にもおこるのでは!?」と思ったのですが
大腿骨頭は大腿骨からきている血管からしか血液供給がされず、その血管も1本程しかないとのこと。
大腿骨にはもっと複数のしっかりした血管があるため、血液供給不足で壊死が起こることはなく
大腿骨頭のみが壊死した状態で終わるそうです。

いいように体が自分で調整するなんて、なんともまぁ、生命の神秘ですな。。。


で、今回撮ったレントゲン写真。
200811271309000.jpg

よ~く、よ~っく見てもうっすらとしかわからないくらい、大腿骨頭が消えかかってますね(;´Д`)
股関節形成不全・1の写真では、股関節とかぶっているから見難いですが
今回に比べればまだそれらしいモヤモヤが写っていたんだけどな・・・。

痛みなどが起こる原因は、骨同士の摩擦によることが主な要因となっているそうなので
このまま大腿骨頭が綺麗になくなってしまえば、ルクちんにとっては良い状態になるそうです。
また数週間後、年内にはもう一度レントゲンで経過確認ですよー。

とりあえず放牧時や生活環境での負担を減らすため、3連休でLDにカーペットを敷き詰め
メディカルの下敷きもクッションフロアの上に敷きパッドを敷いたので、残るはキッチンのみ。
ここは形も機能的にも悩みどころですわ(;´Д`)
どでかいキッチンマットでも買って敷こうかしら???
スポンサーサイト

関連タグ : フェレット, 股関節形成不全,

さて、いつも行っている病院(フェレの患畜は多い)では以下のような感じでした。
このときは相方が連れて行ったため、相方からの伝え聞きです。

・連れ込んだ当初、左右で足の長さが違うため脱臼していると思われる
・レントゲン撮影でもズレが診られたため、麻酔をかけてもとの箇所へ戻す処置をすることに
・ほんにんは動き回るし触っても痛がらないため、痛みはないのでは(?)
・骨をもとに戻す処置中に違和感を感じ、経過観察のためその日は入院
・大型犬によく診られる疾患の疑いあり
(ここの説明でモンローウォークとムーンウォークを勘違いした相方
 さらにちょっとパニくったらしく、疾患名を忘れたとかの言いやがる・・・
 仕方なく私は股関節脱臼とムーンウォークで情報収集。当然でてこない)

次の日お迎えに行ったときのお話はこんな感じでした。
診断名は【股関節形成不全】
右に比べかなりの変形が見られるため、関節を元の位置に戻しても
「はまる」という確かな手ごたえがない。
「正常な位置に戻る→すぐにずれる」を繰り返すようで
むしろずれた状態でいる時間のほうが長いかもしれないとのことでした。

これにはレントゲンを見て、そりゃそうだろうなぁ…と。
※股関節形成不全・1の写真参照

犬ならば人工関節にするという外科処置があるものの
フェレットにはないので、どうしてもとなると大学病院になるとのこと。
ちなみに投薬での内科的処置はないとのことでした。

昨日行った高津の病院でも、内科的処置はないとのこと。
そしてこの骨の変形が正常な形に戻る事はないとのことでした。
唯一違ったのは外科的処置の事。

大腿骨頭切除という手術で凸部分を切るというものでした。
これにより変形した骨同士の摩擦がなくなり、フェレ自身の痛みや違和感をなくすというもの。
人工関節については、やはり大学病院の完全無菌室で行わないとダメだし
それ以前にフェレ人工関節もなく、正確な角度も定義がないだろうし・・・
とのことで、現実的ではないようです。
どちらにしろ掛かり付けも高津の先生も、目に見えて素晴らしい効果があるかといわれると
そういうものでもないので、よほどの事がない限り外科的処置はあまり勧めないとのことでした。

また今までの例だと、変形した関節の凹凸部分は時間の経過とともに
凹部分は凹みがなくなってきて、凸部分は突出部分がなくなってきて
自然と骨頭切除したような形に変形する事があるそうです。

ちなみに掛かり付けから帰った時は、関節がずれた状態。
高津の病院にいったときは正常箇所にある状態(はまってるとは言わない)。
なので正常箇所へ納まったりずれたりを繰り返しながらの生活となりそうです。

飼い主的に気になるのは『痛くないのか』ということ。

バトルや走り回る事がないとか、完全に片足を付かないようにかばって歩くという状態ではなく
走り回って転げまわって、飛び回って…いたって元気な状態のルクちん。
見た目の動きの不自然さ程、本鼬は痛みを感じていないようだから
痛みのひどい時のみ鎮痛剤などを使用しながら、経過観察をしましょうとの意見も
どちらの病院も同じだったので、飼い主のみハラハラする日がしばらく続きそうです(;´Д`)

股関節形成不全について検索すると
とにかくワンコちゃんのブログが多くヒットします。
遺伝性のものについてサプリで何とかするのは無理かもしれないけれど
痛みなどを和らげることには有効だといわれているようなので
ちょっくらグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリも調べてみたいと思います。

ちなみに骨格的な問題として、ファーゴラに多いようです。(※参照
そう・・・ルクちんはファームが移動する前の最後のファーゴラ・・・

今は中国にファームが移った(私的には勝手にチャイゴラと呼んでますが)わけですが
最近ゴラを飼いはじめた方、私が言うのもなんですが
こういう疾患があるんだなぁ~と、心の片隅にでもおいといてくださいm(_ _)m


関連タグ : フェレット, 股関節形成不全,

ことの起こりは11月6日のこと。

夜の放牧時間になり、ケージを開けたところ
いつものように元気よく飛び出してきたルクの様子に違和感が…。

何がおかしいのかすぐにはわからなかったけれど
よくよく見ているうちに、どうやら歩き方がおかしいという事に気がつきました。

ちょっとびっこを引くような歩き方をするものの
ふぇいとのバトルもすれば、後足で立ち上がってのおねだりもするし
痛そうな感じはまったくなかったので、一日我慢してもらって
土曜の朝一で掛かり付けの病院へ行ってきました。

結果、『股関節脱臼』といわれ
元の位置に戻す処置をするには麻酔が必要となり預ける事に。
その後、ただの脱臼ではないようなので
その日は様子見&経過観察入院する事になったのです。

診断名 【股関節形成不全】

どうやら大型犬に多い、先天的な遺伝性疾患のようです。
※股関節形成不全とは

言われてみれば昔からルクの歩き方はふぇいに比べ
お尻をぷりぷり振って歩いていたけれど
まさかこれがモンローウォークだったなんて・・・。
てか、モンローウォークというものを初めて知ったわけで。
(相方は聞き間違えて真剣に「ムーンウォークか・・・」って言っていたけどね)

アンゴラだもの、独特の鼻の形だって言い方を変えれば「奇形」
2度のティンコ事件のこともあり、骨格に何かあるんじゃないかと心の底にありました。

もっと早く若いうちに、なんでもない時にでもレントゲン撮影していたら
びっこ引くような状態にさせずにすんだのかな…とか
モンローウォーク(歩き方が特徴的)に気がついていたのだから
「お尻プリプリ歩いて可愛い(ノ´∀`*)」とか言ってないで
病気や疾患に結び付けていたら・・・とか
今更ながらに悔やまれてブツブツ言っていた私に、相方が一言。

「今更そんなこといっても仕方がない」

そうなの、仕方がないことは百も承知なの。
それでも悔やまずにはいられない…_| ̄|○ il||li

写真、向かって右側が左足の付け根、形成不全箇所です。
200811101820000.jpg

もうちょっと拡大してみるとわかりやすいけれど
正常な右足の付け根は(写真左側)関節の凹凸が綺麗に一致して
骨盤の凹部分、大腿骨の凸部分ともに綺麗です。
200811101819000.jpg
それに比べると左足の関節(写真右側)は明らかにおかしい…。

フェレットでの症例は少ないらしく、掛かり付けでは初だと言われました。
他にフェレットで同じ症例を見たことのある先生にも診てもらおうと
今日は別のところへも行ってきたけれど、診断内容も見解もほぼ同じ。
内科的な薬などの処置はなく、外科的処置もあまり勧められないとのことでした。

また今日行った病院は、かなりフェレ飼いさんには有名なところで
患畜数も相当あるところだけれど、フェレットの股関節形成不全は
片手で足りるか足りないかくらいの症例しか出会っておらず
今までのは1歳前後~1歳半の間に症状の出たこばかりとのことで
ルクの3歳半になってからというのに、ちょっと首をひねっておられました。

しばらくは骨の変形具合や進行具合を見るために
定期的に通院してレントゲン撮影する事になりそうです。
病院で聞いた対応や外科的処置のお話は長くなりそうなので
また後日にでも改めて残そうかと思います。

・・・というわけで、週末のフェレショはイタチ抜き。
ブース出店するので私だけ行く事になりました(ノД`)シクシク

ちょっと_| ̄|○ il||liして呆けているかもしれませんが
店番してますので、見かけた方は適当にお声かけ下さい(;´∀`)

関連タグ : フェレット, 股関節形成不全, 脱臼,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。