飲んで帰ってイタチに絡み、 スロットで負けてはイタチに愚痴る。 そんなフェレットとの生活。
手作りフェレット用品shop 『殿屋』もよろしく♪ 


 手作りのハンモック、寝袋、ベッドなどを販売中!!その他の商品も徐々に増やしていく予定です。

   直接ショップへ→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2泊3日の入院を終えて、昨日、かでーが退院しました♪
決して全快したわけではないけれど
入院前に比べると腫れがほとんど引き、臭いも激減。

11月20日 投与量 1.0cc × 朝晩   体重600g
   GLU 42(投薬6時間後に計測)
   
12月15日 投与量 1.0cc × 朝晩   体重450g
   GLU 35(投薬6時間後に計測)
   GPT 267
   BUN 43
   HCT 34

   この時点で即日入院をし、点滴での抗生剤投与を決定。

12月16日 
   GLU 32

   朝のうちに病院から連絡を受け、今までの処方量で血糖値があがらないことから
   夜からジアゾキシドをプラスすることになりました。

12月17日 投与量 1cc(ジアゾキシド10㎎/㎏ プレドニゾロン4㎎/㎏)× 朝晩 体重450g
   GLU 35

   ジアゾキシド → インシュリンの分泌を抑える
   プレドニゾロン → 血糖値をあげる

   一般的にインスリといえばステロイド(プレドニゾロン)ですが
   抑えきれない場合はジアゾキシドとの併用が有効かとおもいます。
   ジアゾキシドの副作用は今のところはっきりしておらず、「肝臓に影響がある」
   などという話もあるけれど、それも定かな話しではないそうです。
   また処方量も5㎎~50㎎/㎏とふり幅が広く、なかなか量を決めるのが難しい様子。


入院中の処置は以下の通り。

点滴 → アンピシリン  (抗生物質・24h体制)
注射 → ビクタス (抗生物質・16日夜から追加)
経口投与 →1cc(ジアゾキシド10㎎/㎏ プレドニゾロン4㎎/㎏)

入院中の血液検査でも、なぜだかGPTは200台に落ち着き
先生も「???」と首をかしげていたものの、悪い傾向ではなく
素直に受け入れていい状態だと思います、と言っていただけました。

後は体重と体力の回復に全力を注がなければ!!

とは思うものの、帰宅してすぐに
「出しなさいよー」とアピールされ、放牧してしまいました(;´Д`)
とはいえ、10分くらいで帰ってもらいましたけどね。。。

今まで処方されていた『バイトリル』より『ビクタス』の方が
合っているようなので、しばらくはビクタスを与える事になりました。(ビクタスは経口投与用がある)
それに加え、インスリの方もジアゾキシドをプラスした薬に変更。
(かでーは1回5㎎、1日あたり10㎎/㎏の換算で、シロップを出してもらいました)
1週間後に経過観察に行く予定です。


入院中のかでーは、先生のコメントから大よそ見当がつきましたが
「どうも口から(投薬)ってのは嫌みたいですねー」とか
「その状態の割には体温維持も出来てるし、出たがるし…」
「経口投与の薬を増やしたり、放牧させないのはストレスになるんでしょうね」

・・・ちょっと楽になったら本領発揮かい・・・(;´Д`)

いやいや、それでも彼女らしさの発揮は嬉しい事です♪
しかしまだまだ体力が落ちているので
モリモリ食べて、回復して欲しいと思います。

目指せ!!500g!!
スポンサーサイト

関連タグ : フェレット, インスリノーマ, ジアゾキシド,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。