飲んで帰ってイタチに絡み、 スロットで負けてはイタチに愚痴る。 そんなフェレットとの生活。
手作りフェレット用品shop 『殿屋』もよろしく♪ 


 手作りのハンモック、寝袋、ベッドなどを販売中!!その他の商品も徐々に増やしていく予定です。

   直接ショップへ→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『それいけ!ふぇれだるま~ず! Vol.1』

IMG_6461.jpg

IMG_2383_1.jpg

IMG_6438.jpg



頑張れ、ぽぐお!!負けるな、ぽぐお!!


・・・と、まぁ、いい年こいた大人が遊んでいるわけです(´ー`)ふふん
ちなみに、ぽぐお=ふぇいのことですw
この写真の白は我が家のふぇいをモデルに、ブレイズはかっちーをモデルに
シナモンは友人宅の子を思い浮かべて作成。
シナモンちゃんは5月のフェレショーでお迎えされて行きました♪

小物で飾って遊んで楽しい!
そんな『ご長寿祈願 ふぇれだるま』 は 6月発売予定です♪
スポンサーサイト
日曜日、久しぶりにフェレットショーに行ってきました!
今回はtaeさんと一緒に出すSHOPメインだったのだけれど
せっかく行くならば・・・ということで、ふぇい&ルクをカラーにエントリー。

『二度と出さん!!』と言っていた相方に内緒で勝手にエントリーしたので
店番要員として連れて行った相方には、散々ぶつくさ言われました(´д`)

ところがっ!!

な、な、なぁ~んと、意外なことに好成績を修めた2匹。

ふぇい ダークアイドホワイト 以前は11位 → 今回2位
ルク  アンゴラ  以前は14位 → 今回は4位

ぶつくさ言っていた相方の機嫌が一転
帰りはムフムフしながら進んでビールを買ってくれる始末www
でもやっぱり『次回は出さない!』って言ってるんですけどね~。

さて、お店のほうはというと、おかげさまで好調でした。
意外とたこ焼きボールも好評で、ベッドもほぼ売れたし
ありがたいかぎりでございます(´∀`)
お買い上げくださった皆さん、遊びに来てくださった皆さん
本当にありがとうございました!!
CIMG1880.jpg CIMG1881.jpg


フェレショーも終わったし、引越しも終わったし
そろそろ本腰入れてwebショップのほうを再開しないとなぁ。
今回ショーで先行発売した新商品 『長寿祈願~ふぇれだるま~』
webショップでは6月から発売開始予定です☆

たこ焼きボール
takoyaki.jpg
ふぇれだるま
CIMG1871.jpg CIMG1877.jpg


こっちゅんが急に旅立ってから丸1ヶ月以上が過ぎました。
写真を見ながら思い出しても、ワンワン泣かなくてすむようになったので
いろいろ心配してくださった方や、気にかけてくださった方
元親さんなどへの報告(?)も兼ねて、少し長いけれど昔の写真を載せようと思います。

お迎えしたのは忘れもしない2006年4月23日。
イタツア管理人のろっこさんが連れて来てくれるのを心待ちにしてました。
初めての女の子でとてもとても可愛かった!!
お迎え当日のこちかじ
DSC00399_edited-1.jpg


当初から副腎で脱毛が進行中だったけれど
とっても元気で鳴り物おもちゃが大好きだったこっちゅん。
我が家でお蔵入りになっていたおもちゃが、彼女のおかげでようやく日の目を見ました(笑)
どんどん禿げて、ツルツルになっても元気いっぱいで
プピプピ鳴らせばどこからでも飛んできたんだよね~。
ダッシュしてジャンプして、一番元気だった頃
CIMG0280.jpg DSC00562.jpg
CIMG0067.jpg


毛がなくてもいつも誰かが一緒に寝てくれていたので
寝ているときは暖かそうで、冬場の放牧中が一番寒かったかもしれないね。
みんなと一緒でぬくぬく
CIMG0200.jpg CIMG0317.jpg


手術成功後も発毛が見られず、リュープリンを開始。
お顔から少しずつ生え始め、その後は見る見る発毛!!
気がつけば別いたちのような、とっても可愛いセーブルちゃんがいました☆
徐々に発毛し、くまちゃんと呼ばれてた頃
CIMG0354.jpg CIMG0353.jpg

CIMG0422.jpg CIMG0412.jpg


毛が生えてからはこんな格好で寝ることも(笑)
CIMG0958.jpg

でもやっぱりみんなと一緒に寝ていることが多かったね。
CIMG1646.jpg


毛は生えたものの、この頃から徐々に年相応の動きになり始め
以前のように走り回ることもジャンプ力もなくなってきました。
それでもやっぱりプピプピがなれば足元まで駆け寄ってきた彼女。

思い出にある、とても元気だった頃のこっちゅんは
パゲパゲの彼女で、セーブルこっちゅんよりも印象に残ってる。
完全なセーブルこっちゅんの記憶はほとんどなくて
私も相方も『私達のこっちゅん』としての彼女は
常にどこかしら地肌のピンクが見えているものです。

残った右副腎をリュープリンでコントロールしながら
お迎え当初から低めだった血糖値も
後半の1年くらいは常に50を切る状態。
でも発作を起こしたことは一度もなく、普通に暮らせてたこっちゅん。
その状態を維持しつつも、リンパの腫れが起こり
体力もゆっくりとだけど確実に落ちていきました。

それでもご飯をちゃんと食べ、おなかが緩々になったと騒いだ後も
通常のうんちの状態に持ち直し、最後まできちんと食べてトイレにいって
ご褒美を欲しいとおねだりし、みんなの毛づくろいをし
本当に本当に性格の良い可愛い子でした。

亡くなったと記事を書いた後、多くの方から
お花やお悔やみの言葉を頂きました。
本当にありがたく、とっても感謝しています。

お空に返す前日(引越し当日)、荷物の搬入が終わった20時過ぎ
地理もわからないままにお花を買うため、相方と自転車を走らせ
たまたまその時間も開いていた花屋に飛び込みました。
なんとなくこっちゅんのイメージカラーがオレンジや黄色系だったので
ガーベラなど、それ系統のお花を選んでレジに行ったら
偶然だけれど、レジ横にあったガーベラに『コッティーオレンジ』という名前が!!
我が家では「こっちー、こっちゅん、コディー、コッティー」などと呼んでいたので
迷わず手に取り、彼女に持たせてあげました。

今日もお友達からお花が届き、偶然だけれどオレンジ系統のガーベラアレンジメントで
とってもびっくり&嬉しかったです。本当にありがとう。

こっちゅん、四十九日にはまた『コッティーオレンジ』を買ってくるよ!

亡くなる約一ヶ月前のこっちゅん。たくさんのお花に囲まれてお空へ。
CIMG1827.jpg CIMG1864.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。