飲んで帰ってイタチに絡み、 スロットで負けてはイタチに愚痴る。 そんなフェレットとの生活。
手作りフェレット用品shop 『殿屋』もよろしく♪ 


 手作りのハンモック、寝袋、ベッドなどを販売中!!その他の商品も徐々に増やしていく予定です。

   直接ショップへ→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月14日、アルちゃんの49日を迎えました。
20150616160050063.jpg

3月末に年に1度のフェレット検診を受けに行き
耳に出来た良性のできものが大きくなってきたので、手術で取ることにしたのが4月6日。
検診、術前検査では副腎の肥大以外は健康との結果でした。
手術は開腹などではなく、レーザーで焼く簡単なもの。
日帰りで無事に終え、11日には5歳の誕生日を祝ってました。
2015061616011760f.jpg

21日夜半、何か様子がおかしい?と思ったけれど、かかりつけは既に閉まり次の日は休診日。
食欲排泄問題なく、外にでて遊びたがったりもしたので様子を見て、23日朝一で通院。
肺炎との診断が下り、即、抗生物質での治療開始。
治るものだと思っていました。薬の効果が出るには2、3日必要と。
帰宅後から徐々に悪化の一途で、投薬以外なにもしてやれない歯痒さから
何か少しでもできることはないのかと日に一度、先生に電話で報告&相談させてもらいました。

25日の午後にレンタル酸素室が届いて、薬の効果が出るまでこれで少しでも楽に過ごせればとの想いも虚しく
24時間経たない、26日の昼過ぎに逝ってしまいました。
最後の数分は直視に絶えず、でも目が離せず、思い出したくも無いのに目に焼き付いて。

過去に5匹のフェレを見送って、それなりに辛かったけれど生活に支障はなく乗り越えてきたし
自分はペットロスにはならない人間だと思っていました。
でも今回はちょっと・・・気がおかしくなりそうなくらい後悔の念に押し潰されそうで
辛くて辛くてアルの名前を口にすることもできず、最後の光景がずっと頭を離れなくて
情けないことに、直後の1週間はどうやって生活していたのか記憶が曖昧。
今になって何となく覚えている己の行動を思い返すと
この期間はペットロスになっていた&若干壊れていたんだろうなぁ、と(^^;

が、そんな私の状態がジンにかなりの不安を与え、精神的ストレスがかかったらしく
ストレス性膀胱炎からの特発性前庭疾患になり、食欲激減+よろけてひっくりかえるように・・・(--;)
まともに歩けずちょっとした段差からも転がり落ちる姿に、さすがに我にかえって
このままではいけないと、なんとか日々を過ごすうちに時間が経ちました。

今ではジンも普通に戻り、私もイベント参加や準備などできていますが
ジンには大変申し訳なかった&支えられたなぁと。

初めてフェレットを飼ってから十数年続いた鼬の下僕生活。
初の哺乳類ペットで選んだフェレットはホワイトファーブラックアイでした。
最後のフェレットはアルビノだから当然ホワイトファー。
白毛に始まり白毛に終わる。
IMG_1449.jpg
IMG_1437.jpg
可愛い可愛いアルちゃん。男の子なのにちゃん付け。


フェレットを飼ったからblogをはじめ、知り合った友人達がいて
後にその中の1人が保護した猫が我が家に加わり、鼬と猫の下僕になりました。
フェレットグッズが少ないから殿屋をはじめ
殿屋を始めたから羊毛に出会い、ニードルフェルティングをはじめました。
そしてそこからまた新しい出会いがあって、イベント参加する今に至ります。

フェレットに出会ったから今の私がある。
いまだに片付けられない空のケージを見て、ふとした瞬間に気配を感じたり、
放牧してないのに摺り足で歩いてることや、こんな気温なのにエアコンをつけなくてもいいことに気がついて
「あぁ、本当にもういないのだな」と寂しくてショップに行くけれど
フェレを見ると涙が出て、今はまだフェレットを迎えるのが怖くもあって
しばらくはフェレットの下僕生活はお休みになりそうです。

でもまたいつか、ニョロニョロした彼らと生活してみたいな☆







スポンサーサイト
blogでは告知しそびれていましたが、13、14日は浅草で
ドールワールドフェスティバルに参加してきました。

自分のブース「鼬猫毛物店」はこんな感じ。
2015061612235942f.jpg
今回は会場入り口付近の角ブースということで、沢山の方に作品を見ていただけました。
ありがたいことに居残ると思っていた黒猫&白蛇の使い魔ペアもお迎えしていただけたので
初日で作品がほぼ皆無になってしまい、2日目に来てくださった方には申し訳ありませんでした。
それと、「黒猫は非売じゃなくて売っていたんですか!?」と何度か聞かれたのですが
前面にプライスタグ置いていたのですが、小さかったですかね・・・。
写真を撮ってくださる方の邪魔にならないように、と思ったのですが今後は気を付けねば(^^;

スマホの画像で恐縮ですが、ご近所ブースで撮影させて頂いたところのご紹介~☆

お隣はいつもお世話になってるキキドールさん。
サーニットアニマルやモールアニマルです。
犬猫ウサギから、カラスや九尾に猫又まで!様々な動物が並びます。
2015061612240138b.jpg
お次はコンデクレンさんのブース。
羊毛と粘土を組み合わせた豆シリーズは小さくても可動式!!
もちろん大きいものも可動式!!
彼女の作品は「ワイヤーが入っているから多少動かせます」ではなく
きちんと首や肩などの関節で可動するのです。
20150616122235f09.jpg
20150616122235ea5.jpg
20150616122233f92.jpg

続きましては「たなのうえのともだち」さん。
こちらも羊毛と粘土を組み合わせた可愛い動物達。
小物まで細部にわたりとても素敵な作品で、大好きなのです。
201506161222310d9.jpg
20150616122230dd4.jpg

そのお隣は「ウエノミホコ」さん。
羊毛で可愛らしいお人形を作られてます。
本も出されているので、羊毛で人型を作ってみたい方は参考にしてみては?
201506161220372ae.jpg
20150616122033350.jpg

こちらも羊毛で作られている「BINS」さん。
見ると思わず顔がほころぶような、可愛らしいこがたくさん並んでいました。
写真じゃ判りにくいと思いますが、アフロ帽子の子はビッグサイズの大作で
思わず頭をぽんぽんと撫でてしまいました(^^;
2015061612202844c.jpg
20150616122030b99.jpg

最後は斜め向かいの「ちゃおドール」さん。
とーっても愛らしいお人形を作られています!
スマホカメラですらレンズを向けると自動顔認証で「赤ちゃんモード」が選択されるほど
温かさと柔らかさを感じるお人形です。
20150616122034f64.jpg

本当は他にも素敵な作家さんがたくさんいたのですが、おしゃべりに夢中で撮り忘れたという失態・・・。
羊毛はもちろん、ビスク、サーニット、石粉、モデリングキャスト、などなど。
様々な素材で生み出される作品を眺めながら、作家さんやお客さんと話をする楽しい時間はあっという間でした。

この2日間、会場にこられたすべての皆様、ありがとう&お疲れ様でした!

次回は8月8日、9日に九段下で行われる「博物ふぇすてぃばる」に
土曜日のみ、コンデクレンさんと合同で「鼬と猫と盆踊り」名で参加しまーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。