ルクちんの経過観察

ここでは、「ルクちんの経過観察」 記事のみ表示しています。
手作りフェレット用品shop 『殿屋』もよろしく♪ 


 手作りのハンモック、寝袋、ベッドなどを販売中!!その他の商品も徐々に増やしていく予定です。

   直接ショップへ→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルクちんが股関節形成不全とわかってから2週ちょい。
経過観察のレントゲン撮影にKさんへ行ってきました。

どうやら先生が思っていたよりも、骨の変形具合が早かったようで

「成長期であれば、ある程度進行が早いのは見たけれど
 3歳半でこの進行スピードは正直ちょっと意外でした。」
 とのこと。

股関節形成不全・2で書いたように、外科的処置の場合は
「大腿骨頭切除」という方法を取る場合があるのだけれど
フェレットの場合は股関節形成不全と平行して、自然と「大腿骨頭壊死」というのが起こり
切除手術をしたのと同じ状態に骨が変形する事が多いそうです。


大腿骨頭壊死は、凸の部分の大腿骨頭への血液供給が不足するため
大腿骨頭が壊死してしまうそうな・・・。
ここで一瞬「壊死が大腿骨にもおこるのでは!?」と思ったのですが
大腿骨頭は大腿骨からきている血管からしか血液供給がされず、その血管も1本程しかないとのこと。
大腿骨にはもっと複数のしっかりした血管があるため、血液供給不足で壊死が起こることはなく
大腿骨頭のみが壊死した状態で終わるそうです。

いいように体が自分で調整するなんて、なんともまぁ、生命の神秘ですな。。。


で、今回撮ったレントゲン写真。
200811271309000.jpg

よ~く、よ~っく見てもうっすらとしかわからないくらい、大腿骨頭が消えかかってますね(;´Д`)
股関節形成不全・1の写真では、股関節とかぶっているから見難いですが
今回に比べればまだそれらしいモヤモヤが写っていたんだけどな・・・。

痛みなどが起こる原因は、骨同士の摩擦によることが主な要因となっているそうなので
このまま大腿骨頭が綺麗になくなってしまえば、ルクちんにとっては良い状態になるそうです。
また数週間後、年内にはもう一度レントゲンで経過確認ですよー。

とりあえず放牧時や生活環境での負担を減らすため、3連休でLDにカーペットを敷き詰め
メディカルの下敷きもクッションフロアの上に敷きパッドを敷いたので、残るはキッチンのみ。
ここは形も機能的にも悩みどころですわ(;´Д`)
どでかいキッチンマットでも買って敷こうかしら???
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
通院お疲れ様です。
このまま大腿骨頭が消えれば?
ルクちんにとっては、楽な状態に
なるんですよね。。。
痛みがあるのは、辛いから
良い状態がキープできる事を
祈っております。

LDのカーペット敷きもお疲れ様
でした。
2008/11/28(金) 16:26 | URL | mass #-[ 編集]
そうなんです。
多少歩き方がおかしい感じは残るかもしれませんが
痛みさえなければ全然問題ないかなと。

カーペット敷き、苦労の甲斐あってだいぶ歩きやすいみたいです!
キッチンのほうも頑張りマース!
2008/11/30(日) 14:25 | URL | shidu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://feipokyu.blog15.fc2.com/tb.php/305-7a28613e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。