忍び寄る老化

ここでは、「忍び寄る老化」 記事のみ表示しています。
手作りフェレット用品shop 『殿屋』もよろしく♪ 


 手作りのハンモック、寝袋、ベッドなどを販売中!!その他の商品も徐々に増やしていく予定です。

   直接ショップへ→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週水曜、かでーの目を見た時 「?」 と違和感を感じ
よくよく見たところ、うっすらと白濁しているようになっていました。
インスリのせいもあり、ここ半年近くパッチリと目を開いている事はなく
ぶっちゃけて言えばかなり『目つきが悪い』彼女。

そんな薄目の状態で、はじめは光の加減かとも思ったけれど
何度も角度を変えて覗き込んだところ、やっぱり白濁しているのだとわかりました…。

で、週末に病院へ行ってみたら、やはり『老年性白内障』とのこと。

わかっちゃいるけれど、切ないです。。。
もうそれなりの年なのだと、十分長生きしてくれている方なのだと
頭でわかっていても、次々と病気に襲われると悲しい。
インスリ、リンパ腫、副腎、歯肉炎、そしてここへきて老年性白内障・・・。

低空飛行ながら一度も発作を起こさず
毎日の放牧時間のお散歩や1人遊びを楽しみ
ふぇいやルクの毛づくろいをし、にゃぎと戦い
ふやかしよりもドライや硬いジャーキーを好み
「まだまだいけるさ!」と思う反面

トイレに間に合わないのか、感覚が鈍ったのか、そこいらじゅうで粗相をし
ご飯中によろけて倒れたり、放牧中に足がもつれてゴロゴロ転んだり
毛がどんどん抜けて色も薄くなったり・・・
ここ数ヶ月で怖くなるほどに衰えてきたかでー。

1日が1ヶ月にもなるんじゃないかと思うくらいの早さで
彼女の体がどんどん年老いていってる気がします。

年齢的+血糖値が40では、麻酔をかけての歯石除去ができず
歯に関しては口臭がきつくなったり、口周りが腫れてきた都度
抗生物質でのその場しのぎ対応しかできません。
白内障も外科的処置は・・・だし、点眼に関しても効果は疑問なため
結局のところコチラも何もしないままです。
副腎とリンパ腫は今のところ安定しているので
インスリ対策でステロイドの投薬&抗生物質&リュープリンが
今のところ、かでーの主な治療です。

はてさて、熟女からどんどん婆様になっていくかでー。
彼女が望む今後の余生(?)はどんなだろうか?
やっぱりふぇいやルクと一緒にいたい?
それとも1人でのんびり、悠々自適に暮らしたい?

毎日かでーのトイレ粗相でウンPにまみれる3匹。
時にはご飯皿の中や、ルクの上で粗相をしていることも・・・。

別居させようかとも思うけれど、常にふぇいかルク
もしくは両方に包まれて寝ている姿を見ると・・・
どうするのが一番いいか、まだまだしばらく悩みそうです(;><)

『ちょっとー、誰が婆様なのよっ。聞き捨てならないわムカっCIMG2656.jpg

スポンサーサイト

関連タグ : フェレット, 白内障,

コメント
この記事へのコメント
かでー姐さん(と、敢えて呼ばせていただきます)、そのお歳にも関わらずドライや固いジャーキーがお好きだなんて!
素晴らしいですね。
やはりその若さの秘訣は日々若い衆と一緒に生活したり
一緒に寝て若いエネルギーを吸い取っているからでしょうかね?
うちのヒヨッコ達も将来、姐さんのような元気はつらつ老鼬になって欲しいものです。

でも、やっぱり身近な命が年老いていくのを見るのは辛いですよね。
半年前、20オーバーで逝った猫の事を思い出してちょっとしんみりしてしまいました。
2009/11/25(水) 00:18 | URL | kidneybean #ThBAJdAI[ 編集]
ますます歯がどうにかなっちゃうんじゃないかと思うくらい
彼女は固いものが好きで困っちゃいますよ(;´Д`)

きっとあーたんも元ぽんも、かでーや20オーバーで逝ったニャンコたんのように
長生きしてくれますよ!!

てか、20オーバー凄いですね!!
うちのお猫も1歳ちょいで血尿出してる場合じゃないなぁ…
見習わなくっちゃ!
2009/11/26(木) 10:46 | URL | shidu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://feipokyu.blog15.fc2.com/tb.php/370-608d67e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。