ルクちん大丈夫?

ここでは、「ルクちん大丈夫?」 記事のみ表示しています。
手作りフェレット用品shop 『殿屋』もよろしく♪ 


 手作りのハンモック、寝袋、ベッドなどを販売中!!その他の商品も徐々に増やしていく予定です。

   直接ショップへ→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家の近くに移転してきた24時間対応の動物病院。
同じ系列の医院に通っているフェレ友さん達に評判が良かったので
4月のフェレショーに向けて&様子見に、昨日は健康診断に行ってきました。
結果…非常に申し訳ないが、我が家はこの病院
出来れば2度とかかりたくないなぁと言うのが正直な感想。

【マイナスポイント其の壱】
…予約入れたのに待ち時間が1時間以上。しかも待合室が異常に暑い!!
隣のレトリバー君なんて、ヨダレダラダラでハァハァいいまくり。
初めのうちは布キャリーのなかで暴れていたルクも
ふと見ると暑さでバテたのか、息が荒い∑( ̄□ ̄;)!!
慌てて外にでて風に当ててあげたら復活したものの…。

【マイナスポイント其の弐
ようやく呼ばれて診察室に入ったら
年齢性別、来院目的などを聞かれ始めたので返答。
でもね…HPで『初心問診表書いてくるとスムーズです』
とあったのでプリントアウトして2匹分書いて受付で出したのに。
(今聞かれてること、全部あれに書いたのになぁ~…)
と思いつつ、答え終わると
「先生をお呼びしますので、少々お待ちください」
診察室で待つこと5分。ようやく来た先生に、再び同じことを聞かれ…

【マイナスポイント其の参】
この先生(若そう)どうやらフェレットあまり見てないらしい。
ほていがほとんど出来ない(触診中も私が支える)
何度言っても、ルクちんとふぇい君を間違える挙句
ふぇい君を見ながら
「去勢済みなのに発情ですか?脱毛とかは?」
と聞いてくる始末。

いくらなんでもあんまりだ…本当に獣医さん?…(´д`;)

と思いつつ、ルクちんのタマを見せながら説明し直し。
その後も看護助手さん(これまた新米っぽい&ほていが苦手っぽい)を呼んで
ルクちんの触診をするのだが、やはり上手くないのがルクにもわかるのか
じたばたじたばた暴れて、ぐり~んと仰向けに。
先生「お~、お腹見えたね~ちょうどいいから見ちゃうぞぅ~」
私 (心の声:なんじゃ、そりゃぁぁぁー Σ(´Д`lll)!!)
さらに暴れて暴れて、元通りのうつ伏せに。
(この間、助手さんがルクちんを押さえていたのに)
耳ダニ検査のための耳垢取りも、怖くて見ていられず…。

結局、病気らしい病気は無いですとの診断でしたが
会計までも30分以上待たされ、16時前に行ったのに病院を出たのは18時。
いくら家から近くても、24時間対応でも、もう行きたくないな…。

で、ひとつ引っかかることが…。
この新米っぽい先生が、ルクの触診中に
「この仔は脾臓が大きいですねー」と一言。
食欲が落ちたことも告げてあったので
すかさず「病気ですか!?」と質問したら
「フェレットには健康な仔でもある事ですから大丈夫ですよ」とのこと。
ふーんと思いつつも、去勢済みふぇい君をノーマルと勘違いして
診察していた先生を信じきれない私。ネットで調べました。
確かに、健康な仔でもあるらしい。
でも【食欲が減る・体重が減る・活発でなくなる】などの症状だと
何らかの病気の可能性があるらしい。
食欲が完全回復していないということも
体重が2.4→2.2に減ったとも伝えたのにー!!
どういうこっちゃい!?

週末まで待って、かかりつけに行くか明日にでも行くか
んー…悩ましい…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
近所で24時間診てもらえる病院があるというのは とっても心強いのに、
1回目がそうだと、なかなか「もう1度行こう」とは思えないですよね…残念。
私は市川組なので詳しくは分からないけれど、
たまたまフェレに詳しくない先生に当たってしまったのかなぁ?

あ、でも待ち時間に関しては市川も同じですよ~待つよね(^_^;)
特に土日は2~3時間かかるの覚悟で出かけますv-356

1日も早く、ルクちゃんの食欲が戻ってくれますよーに。
2006/03/14(火) 23:23 | URL | ルカ #BxQFZbuQ[ 編集]
やっぱり自分が先生に対して感じた事は当たるものだと思います。

・・なので、その病院は一応、登録はしておいたので、「いざという時の為の病院が、いざという時の為、つまり第三候補。」という事で、・・・次の24時間対応の病院探しましょ!

かかりつけの病院で「24時間の病院、良いところありませんか?」と聞くのも手でありますよ。

先生同士が知り合いなら、連携が取れてラッキーかも?
2006/03/15(水) 01:31 | URL | マーシャル #eQJCsWNw[ 編集]
むむ!たしかに「小動物」とか書いてあってもまともにイタチみれない輩が多いですね

いまだに予防接種、犬と同じ薬使う獣医も多いとか。

信頼できる獣医が近所にあると心強いですね!
2006/03/15(水) 02:26 | URL | よっくん #-[ 編集]
ルカさん
そうなんですよ、凄く期待していったから(期待しすぎたか!?)
その分落胆も大きくなってしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
待ち時間的にはどこも同じなんですね。急病のときってどうなるんでしょう?
そうそう、その後モカ君&杏ちゃんはいかがですか?
来週末お会いした時にでもゆっくり聞かせてくださいね!

マーシャルさん
大きい病院=お医者も沢山=当たり外れがある、ということですね。
24時間対応で当直の先生が犬猫のエキスパートでも
フェレに詳しくなかった場合、我が家では『アウト!』なわけですし。
いざという時に慌てないよう、色々調べないとですねー。
週末にWさんに行くので、そちらでも伺ってみます!
あ…でも聞くことが多すぎて、忘れちゃうかも(汗)

よっくんさん
もしや、かかりつけはN獣医科さんですか?
日本では、まだフェレット専用として認可されたワクチンがないため
犬用を代用するしかないのだそうです。
ただN獣医科さんのみ、フェレ専用ワクチンを輸入使用しているそうで

>いまだに予防接種、犬と同じ薬使う獣医も多いとか。

の文を見て、くうた君は専用ワクチン打ってるのかなぁ~?と。
(違ってたらごめんなさい 汗)
早くフェレ用ワクチンが認可されるor日本でも開発生産され
犬猫なみにフェレをみれる獣医さんが増えてくれるといいですよね!
そんな日が来るまで、我が家の病院ジプシーは続きます(笑)
2006/03/15(水) 20:18 | URL | shidu #-[ 編集]
土曜に行かれるのですね。

聞きたい事が多いと、先生と話しをしているうちに忘れてしまう事って良くあり、それをして家に帰って来るとあとで大後悔してしまうので、自分の場合携帯にメモっておいて、それを見ながら話をしています。
ちょっと変ですがオススメの受診スタイルであります(笑)

あ、それからお願いがあるのですが、かかりつけの病院や新しく行った病院などでジステンパーやアリューシャンがその地域で流行っているかのどうかも聞いて欲しいのです。
最近、ビバさんでジステンパーの感染情報を見かけます。
去年かかりつけの先生に聞いたところ、ジステンパーについては過去1例しか診た事がない程少ない病気と聞きました。
しかし、それはその地域だけの情報であり、場所によっては違ってくるみたいです。
流行っているかどうかを本当に知っているのは近所の病院という事になるようです。

東京に住んでいる人は散歩などの外出に注意をすべきかどうかという事が知りたいです。ルク君の事で頭は一杯かとは思いますが、「出来れば」でいいですのでよろしくお願いします。

それから、かかりつけではジステンパーの予防注射は京都技研のキャナイン3というワクチンを使っていて、これは今まで大きな事故の報告が無いという事だそうで。これを使っているそうです。我が家のワクチンは迷わず、これをお願いしております。

それともうひとつ。急患など、一刻を争うと感じたら、その旨を看護婦さんか先生に遠慮などせずに伝えて、すぐに診てもらう事が大事です。待っている方でもそういう時は、わかってくれるだろうし「なんで早く言わなかったの?」と先生に逆に攻められちゃいますので・・。
2006/03/16(木) 00:24 | URL | マーシャル #eQJCsWNw[ 編集]
マーシャルさん
聞いてきました!!
Wさんの場合、多少離れてところからもいらっしゃる方がいるので
その地域限定と言うわけではないそうですが
現在、ジステンパーで通ってきている子はいるものの
流行っているというわけではないそうです。
里子でもらわれてきた子や、売れ残っていた子などの場合
予防接種の証明書がきちんと里親さんの手元に来ないことも多く
その場合は予防接種がきちんとされていない可能性もありますよね?
そういう子を散歩させたり、ある程度高齢になるまでワクチン接種していない子に
ワクチンを打った場合はジステンパーを発症する確立が多少なりともあがるそうです。
でもそれは、ごく稀なことだということです。
毎年きちんと予防接種をしていれば、散歩などにそこまで過剰反応することもないそうですよ。

ちなみに我が家もキャナイン3を打ってもらってます☆
2006/03/20(月) 22:33 | URL | shidu #-[ 編集]
v-22 ルクちん、なんでもなくて良かったですね!その若さで脾臓が大きいというのは「?」と思っていました。

ビバさんで話題になっていたジステンパーの診断も、やはり簡易検査キットの不正確さが問題だったようです。

そちらでも流行ってはいないようですね。よかった、よかった・・。

ワクチン接種については若い時は良いのですが、歳をとってから体力が低下した時や病気になってしまった時など、その時にワクチン接種をどうするべきか?という問題がいつか出て来るので、その時にジステンパーの流行具合がどうなのか?でこれからどうすべきかの判断材料になり、役に立つので健康診断時に聞いておくとためになると思いますよ。
こちらも病院に行った時は報告しますね。

そうそう、先代は若い時からジステンパーの注射を打つと吐いてしまう子で、さんざん悩みネットで詳しい方に聞き、行き着いた病院での注射がキャナイン3で、この注射だけは吐かなかったんですよ!
2006/03/22(水) 01:53 | URL | マーシャル #2OLfT9hc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://feipokyu.blog15.fc2.com/tb.php/88-716f7449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。